モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。週1回以上は更新します。

作品無料公開で3700万を産み出した佐藤秀峰

 
今回は「佐藤秀峰」
 
f:id:nanaironokakehashi:20130508000134j:plain
最近までよく知らなかった佐藤秀峰。
 
「ブラックジャックによろしく」や「海猿」の作者。
 
特に「ブラックジャックによろしく」は
累計発行部数1000万部を超える人気漫画
 
名門医大を出て研修医となった主人公の斉藤英二郎が、
医療現場の過酷な実態や患者らとのふれあいを通じて成長していく。
 
2003年には、テレビドラマ化もされた。
 
この作品が
ネット上での全巻無料公開に加え、
2012年9月15日より二次利用フリーに設定し、
商用・非商用を問わず、作品を出版したり、小説化や映画化などを無料で自由に行うことができるようになり、10年前の作品が無料公開の一週間で100万人もの読者、利用者を産み出したそうです。
 
無料公開に至るまでは出版社といろいろとあったようですが、
 
この「ブラよろ」公開が他の有料コンテンツへの訴求となり半年で3700万円の以上の著作ロイヤリティが発生したと自身のブロマガで明かしていました。
 
月平均650万、単行本では80万部のヒット作に値する売り上げとも。
 
こういう事実を目の当たりにすると著作権の在り方って何なのだろうといつも考えさせられる。
 
それにしても売り上げも凄いですが、内容もたしかに面白い。
読んで息苦しくなるほど生と死、心の葛藤が表現されています。
 
佐藤秀峰作品で最近は「特攻の島」という太平洋戦争末期の人間魚雷「回天」をめぐる特攻隊員の日々を描いたものがオススメ。
 

特攻の島1

 
一巻無料公開のアプリで全巻購入するという相手の商売の思うツボ。
f:id:nanaironokakehashi:20130508001410j:plain
 
これ、靖国神社で本物(模型?)を見たけど、この作品を見たあとはきっと見え方が変わるのだろうなぁ。
 
まだ連載中らしいので続編出たら買ってしまうのだろうなぁ。

 

 

特攻の島 1

特攻の島 1

  • 佐藤秀峰
  • 青年
  • ¥330