読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。週1回以上は更新します。

Goosehouse斎藤ジョニーのギター(グースハウス)

 

Goose house phrase #03 Wandering

 

youtubeで有名曲のカバーやオリジナル曲を披露し、ついに総再生回数が1億3000万回を突破したアーティスト集団goosehouse(グースハウス)に注目してます。
f:id:nanaironokakehashi:20130511224755j:plain
 
Ustreamの演奏などをそのまま公開していて、生演奏そのもの。
曲を聞いてると
ついついアコギを引っ張り出して夢中になってしまう。
オリジナル曲もバラエティに富んだいい曲が多い。
 
オリジナルグッズとかも展開していて、デザインも良いのでちょっと欲しいかも。
 
アコースティックギター好きの自分としてはメンバーの斎藤ジョニー、ワタナベシュウヘイの二人のアーティストに特に注目してます。
 
360以上ある動画の中で(全部見ていないけど)斎藤ジョニーの秀逸ギターアレンジ15個を紹介します。
 

■フライングゲット/AKB48(Cover)

余裕のミリオン再生
 
もはや別の曲。むしろサビよりAメロとBメロの方がカッコいい
 

 

■レーザービーム/Perfume(Cover)

フィンガーピッキングをこまめに織り込んでくるのがスゴイ。
簡単にやってるけど相当すごい
アジアンテイストなアレンジもグッド
 
 
レーザービーム

レーザービーム

  • Perfume
  • Electronic
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

■キラーチューン/東京事変(Cover)

原作を忠実にアコースティックカバー。
ドラムもブラッシングで再現
1:25からの間奏が鳥肌。
 
キラーチューン

キラーチューン

  • 東京事変
  • Rock
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

■Gee/少女時代(Cover)

goosehouseの前のユニット時代ですが
この曲をギター一本でカバーするという発想と
Aメロをベース音とブラッシングのみにするというのに意表を突かれた。
この「弾かない演奏」がツボ
 

■津軽海峡・冬景色/石川さゆり(Cover)

アレンジが天才的
テンションコードの応酬。ジャジーに決まってます。
 

■中央フリーウェイ/荒井由実(Cover)

ボサノヴァっぽいアレンジがおしゃれ。
 

■Summer Song /YUI(Cover)

完全に伴奏としてのギターのお手本のようなプレイ
1:07のギタープレイ必聴、手元が見えないのが残念。。
 
カヴァーもいいですがオリジナルもオススメです!
iTunesでたっぷり試聴できるのでカヴァーとはまた違ったグースの魅力を聴くことができます
 
 
 
 
 
 
 
■もう恋なんてしない/BENI(Cover)
安定のカッティングとストロークもう恋なんてしない/BENI(Cover) - YouTube
 
■『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』/サカナクション(Cover)
ほぼループするコードを様々に表現しているのがすごい。『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』/サカナクション(Cover) - YouTube
 
■Time after time/Cyndi Lauper(Cover)
これぞ伴奏。コーラスを活かすために必要最小限の音で演奏。Time after time/Cyndi Lauper(Cover) - YouTube
 
■if/フレンチ・キス(Cover)
これがAKBの曲と知ったのは最近でした。
斎藤ジョニーはゆきりん推しとかif/フレンチ・キス(Cover) - YouTube
 
■色彩の ブルース/EGO WRAPPIN' (Cover)
珍しいソロ弾き語り。もれなくカッコいい。色彩の ブルース/EGO WRAPPIN' (Cover) - YouTube
 
■Baby Don't Cry/安室奈美恵(Cover)
 
■Life goes on/Dragon Ash(Cover)
ピッキングアルペジオ、ブラッシング、ここでもギタープレイのお手本のような演奏が見れます。普通なのに上手さが滲み出てる。Life goes on/Dragon Ash(Cover) - YouTube
 
■My Way/Def Tech(Cover)
100万再生オーバー。売れ線をカバーするのも歌と演奏に絶対の自信があるからでしょう。My Way/Def Tech(Cover) - YouTube
 
他にもたくさんありますが、演奏、歌と「音楽」本来の楽しさを思い起こさせてくれるグループ、今後の活動にも注目。