読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。週1回以上は更新します。

Daft Punkの新アルバムが発売前に全曲フル試聴

 

ジャケットカッコいい

Daft Punk 「RANDOM ACCESS MEMORIES」f:id:nanaironokakehashi:20130515012535p:plain

ダフトパンクのオリジナルニューアルバム「RANDOM ACCESS MEMORIES」が5月22日(水)に発売がされるのですが、なんとiTunesで発売前に全曲ストリーミング試聴可能というユニークな販売展開をしています。

 

iTunesの試聴と言えば長くても90秒ですが、ダフトパンクはアルバム一枚丸ごと全部。

1時間14分32秒全部。

 

iTunesのアーティストページカッコいい

f:id:nanaironokakehashi:20130515012551p:plain

試聴↓

Get Lucky (feat. Pharrell Williams & Nile Rodgers)

Get Lucky (feat. Pharrell Williams & Nile Rodgers)

  • ダフト・パンク
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

テクノ、クラブミュージック界隈ではもちろん、それ以外でも知名度は非常に高いはずのトップアーティストがなんでこのような無料展開をしたのか。

 

■「無料で流せば損をするか?」

 

DaftPunkにとってはおそらくNOでしょう。

今の時代、有料のコンテンツでも無料で手に入れることができてしまうという現実。

発売直後に粗悪なコピーが出回るのは音楽に限ったことではないです。

 

それを逆手に取って公式に全曲試聴可能にすることによって、音質等のクオリティーを維持し、試聴した無料ユーザーの一部に購入を期待する

実際ネットでなくてもタワレコとかの試聴コーナーとかと同じ。

 

...ここまではよくあるはなしです。

 

■本当の狙いは「久しぶり」のユーザー

 

このニュースを聞いたのはカフェで聞こえた何気ないカップル(らしき二人)の会話でした。

彼氏が

「ダフトパンクのアルバムが発売前なのに全曲タダで聴けちゃうんだって」

とテンション高めに言うと、

彼女が

興味なさそうに

「へー、懐かしいね」

 

この「懐かしいね」に違和感があった。

daft punk の名前を聞くのが「久しぶり」でも

ファンにとっては「懐かし」くはないはず。だってニューアルバム。

 

「久しぶり」なんです。

 

発売前に「全曲無料試聴」というニュース性を敢えて持たせたのは、久しぶりユーザーへの訴求の為だと思います。

今回のアルバムはただでさえ2年(3年?)ぶりで前回は映画トロンのサントラで、オリジナルアルバムだと「Human After All」以来8年ぶり。

 

8年たてば世代が一つ替わってしまいます。

8年前は確かipodがブームになり始めた頃でした。こんな感じの↓

f:id:nanaironokakehashi:20130515010743p:plain

さっき、ニュースも調べたらいくつか上がっていましたが、最近はニュースもiTunesのランキングもろくにチェックしなくなった自分にとっても無料を話題にしたひとから新しいアルバムの情報を手に入れ、予約したという事実。

 

なんか笹塚ボウルで発売イベントをやるらしい、ボウリング好きの自分としてはすごい気になる。

ちなみに「ダフトパンク おばさん」でGoogle画像検索すると、街中でこの時期からちらほら見かけるこのおばさん↓が出てきます。

 

f:id:nanaironokakehashi:20130517234351j:plain
確かに似ているけど、ダフトパンクおばさんって最初に検索した人のセンスに惚れそうです。

 

Daft Punk

http://skream.jp/news/2013/05/daft_punk_518_dj.php

公式

http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/daftpunk/