モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。週1回以上は更新します。

ナニワ金融道


最近のiOSアプリで漫画を(合法的に)無料配信するものが増えてきました。

有名どころでは「ブラックジャックによろしく」ですが、「新、ナニワ金融道」も配信されていたので一日で読破しました。
f:id:nanaironokakehashi:20130628220145j:plain
単行本も数冊持っていますが押入れの中で眠っていたのでついつい「新」でない方も読んで、持っていない単行本はネットで即購入してしまいました。

完全に無料配信ビジネスに乗っかってます。

内容は

街金の営業マンが見る、借金した者がたどり着く先を一見コミカルに描いているのですが、内容は至って深刻。ほんのひとつまみの借金で人生が崩壊して行く様を描いてます。

絵は独特の味が有り、何と言ってもネーミングデザインが秀逸です。
人間関係が複雑に絡む場面があるのですがキャラや名前で混同することはまずあり得ない。

主人公、灰原達之の周りは普通の名前が多いですが、
街金の社長は 「金畑 金三」
顧問弁護士は 「悪徳 栄」

「泥沼 亀之助」はご祝儀詐欺に遭った被害金を街金で借りて、その返済の為に新たに借金をする自転車操業の末に詐欺未遂を起こし逮捕される泥沼キャラ。

風俗ビル建設で失敗する不動産社長は「肉欲棒太郎」

「三宮損得」は二宮尊徳をもじった小学校教頭。
先物取引で失敗してホームレスに。
未だに最後の朝礼の歌のシーンが頭から離れません。

・・・と名前を見れば人となりが容易に想像できる設定、これが個人的にはツボです。
大阪の猥雑な雰囲気を出すためか、所々に放送禁止レベルの言葉があるので自分の周りの女性には受け入れられませんが、これを初めて読んだ10年以上前に自分の金融リテラシーは少なからず磨かました。

無料なのは「新」ですが、その前のシリーズ「ナニワ金融道」から読むのがオススメです。

ナニワ金融道 全10巻セット  講談社漫画文庫

ナニワ金融道 全10巻セット 講談社漫画文庫


☆☆

SevenColorLink(セブンカラーリンク)のサイトはコチラ

7ColorArtist(セブンカラーアーティスト)のサイトはコチラ