読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。週1回以上は更新します。

ドトールのBGMが想像以上だった件〜夜編〜

BGM 店内BGM

庶民の味方のカフェ、ドトールコーヒー

カフェといえばお店によってメニュー、価格帯が大きく異なりますが普通のコーヒーの格に限って比べると、

スタバやタリーズの300円に比べドトールは200円とリーズナブル。

店内滞在時間や回転率などの違いもあるので価格イコールお店の評価ではないですが。

 

f:id:nanaironokakehashi:20150324132020j:plain

 

 1ヶ月ほど前の「SEIYUのBGM」の記事のあと、コメントやつぶやきなど

「ドトールのBGMも気になる」

というコメントを何度か目にしました。

 

f:id:nanaironokakehashi:20150324141722j:plain

ドトールのBGM?

 

ドトールは日常生活の行動経路に無いのであまり行かないので、

その時は

「カフェなのだから別にBGMがオシャレなのは普通では?

 と思いつつ、今週モヤさまも休みだし

記事を読んでくれた人の要望もあったので

f:id:nanaironokakehashi:20150329205945j:plain

 

 

乗るしかないこのビッグウェーブに(二回目)

 

googleで検索したらちょっと古いけどドトールのBGMについて言及した記事が既にありました。

f:id:nanaironokakehashi:20150329211148j:plain

この状況。。。

完全に二番煎じ。

一年も経てば曲も変わるだろうし、時間帯でも流れる曲は変わるようなので行くだけいってみよう。新しい曲はきっとあるはず。。

某議員の名言(?)「二番じゃダメなんですか?」を胸に続行。

 

そして、久しぶりにドトールに行く

f:id:nanaironokakehashi:20150329213418j:plain 

(画像はイメージ)

 

時間は夜。とりあえずカフェラテ注文してShazam起動する前に衝撃が

まさかの TOTOの「Takin' it Back」

Takin' It Back

Takin' It Back

  • Toto
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 TOTOの曲が流れてんじゃん!!

この瞬間に

 

今回の選曲もプロの犯行であることを確信(早)

f:id:nanaironokakehashi:20150329221706j:plain

(参考画像)

 

TOTOの30年以上前のデビューアルバムの曲だし、何と言ってもこの曲は

ガットギターから始まり途中のユニゾンからエレキに移行するクソかっこいいギターソロ。

あぁ、試聴にはそこさすがに入ってなかったか。

まさかドトールでこのギターソロを聴けるとは思ってもいませんでした。

 

(※ここから順不同)

 ジェイ・ピー・モーガン「Let's Get Together」

Let's Get Together

Let's Get Together

  • Jaye P. Morgan
  • ジャズ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

なんか証券会社みたいな名前のアーティスト ですがノリノリな感じでこの曲だけ聴くとiTunesのジャンル「ジャズ」が違和感。

 

スティング『イングリッシュマン・イン・ニューヨーク』

Englishman In New York

Englishman In New York

  • スティング
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 なるほど、なるほど。

 

やっぱりジャンルは多分AOR系でまとめてるんだけど曲の緩急をクロスさせるとよりそっちに意識が行きやすい

よく行く方の某カフェはジャンル(曲調)統一なので調べてるうちに曲の変わり目を聴き逃すし、調べる事自体飽きてしまう。

 

この辺の選曲もお店の客回転率と関係があるのでしょうか?興味ありますね。

 

ケニー・ランキン『Through the Eye of the Eagle』

Through the Eye of the Eagle

Through the Eye of the Eagle

  • Kenny Rankin
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

AOR/ソフト・ロックファンに絶大な人気を誇るシンガー・ソングライター、ランキン。

 

 

リチャード・マークス『Right Here Waiting』

Right Here Waiting

Right Here Waiting

  • リチャード・マークス
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

透き通るようなハイトーンボイスがイイネ! 

こんな声で歌ってみたいものです。。

 

 

ネッド・ドヒニー『Get It Up for Love』

Get It Up for Love

Get It Up for Love

  • ネッド・ドヒニー
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 バックのシンセの「ビヨ〜ん」て音が気になりすぎる一曲。

 

ジノ・ヴァネリ『Brother to Brother』

Brother to Brother

Brother to Brother

  • Gino Vannelli
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

こういうのはプログレとかいうのかな。古いけど前衛的な感じがイイネ! 

 

ニコレット・ラーソン『レットミーゴーラブ』

Let Me Go, Love

Let Me Go, Love

  • Nicolette Larson
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 1997年に45歳で亡くなったというニコレット・ラーソンの一曲

歌はもちろん、特にリズム隊がイイネ!

 

 エア・サプライ『オールアウトオブラブ』

All Out Of Love

All Out Of Love

  • エア・サプライ
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 アコギ好きは反応しちゃう一曲。

 

 

 ボビー・コールドウェル『風のシルエット』

What You Won't Do for Love

What You Won't Do for Love

  • ボビー・コールドウェル
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 1978年の大ヒットデビュー曲。

 

リッキー・リー・ジョーンズ『パイレーツ』

パイレーツ

パイレーツ

  • リッキー・リー・ジョーンズ
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

  

 ダリル・ホール&ジョン・オーツ『I Can't Go for That』

I Can't Go for That (No Can Do)

I Can't Go for That (No Can Do)

  • Daryl Hall & John Oates
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 この曲はなんかとにかく耳に残る

 

とりあえず第一弾はここまで

いやードトール、想像以上の選曲でした。

毎日そんなに長居できないので三日間ちょくちょく通いつつ途中Shazamで検索できなかった曲もあって12曲。

 

気づいたらいつの間にか通い始めてる。。。ミルクレープ食い過ぎて太っちゃうなぁ。。。

ドトールでカフェラテ飲んでミルクレープ食いながらShazam起動してる奴もしかしたらもや学の人かもしれませんので、そっとしといてください。。

近いうちに調査中の別時間帯の続編を。

 

普段はモヤさまのBGMについて勝手に書いてます!

nanaironokakehashi.hateblo.jp