読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。週1回以上は更新します。

SEIYUのBGMが度を越してオシャレな件についての調査報告⑤〜7月編〜

BGM 店内BGM BGM for SEIYU

SEIYUのBGMレポートも早5回目

 

USENの専門チャンネルといえば外せない西友(SEIYU)

f:id:nanaironokakehashi:20150225150949j:plain

 

『スーパーの店内BGMはJ-POPダサアレンジインスト』という常識を覆し続けるSEIYU。

 

現在は本家SEIYUさんが公式サイトで現在店内で流れている曲のリストを公開してくれるようになり、家にいながらBGMリストが手に入るようになりました。楽チン。

f:id:nanaironokakehashi:20150512221455j:plain

 

右下のロゴに注目、ピーター・バラカン率いる外国語ラジオ放送局「interFM」のロゴ。 音楽配信会社のUSENが洋楽のプロに依頼したガチの選曲

『BGM for SEIYU』が楽しめます。

 

毎回ジャンルは固定せずテーマとなるキーワードを決めて選曲しているようで

その選曲キーワードもぜひ公開して欲しいところです。

7月18日に公開されたリストも安定のオシャレ選曲だったので

全14曲をレポートします。

 

 

『CABANA』by ADAM DUNNING 

2011年のデビュー作『サンセット・モンキーズ』が好評だったオーストラリア発ボサノヴァミュージシャン・アダム・ダニング。

Cabana

Cabana

  • Adam Dunning
  • ワールド
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 ボサノヴァはBGMの定番ですね。


『BLAME IT ON THE SUMMER』by BASIA

Blame It On the Summer

Blame It On the Summer

  • Basia
  • ジャズ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

スーパーなのにあえて緊張感のあるこういう曲を選ぶあたりセンスを感じます

ベイシアかと思ったらバーシアでした。

ベイシアは別のスーパーマーケットの名前か 

 

f:id:nanaironokakehashi:20150719135555j:plain

 

イギリスを中心に活動するポーランド出身の歌手、レコードプロデューサーのバーシア。

たびたび来日してビルボードライブやブルーノートなどで演奏していたようです。

 

 

『JUST A GIRL』by THE PALE FOUNTAINS

Just a Girl

Just a Girl

  • The Pale Fountains
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

80年代のネオアコ好きには根強い人気のペイル・ファウンテンズ

 独特の空気を醸し出してます。


『HAJA O QUE HOUVER』by MADREDEUS

Haja O Que Houver

Haja O Que Houver

  • マドレデウス
  • ワールド
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

1985年ポルトガルで結成のマドレデウス、意味は「神の母」だって。

 

『AUTOMATICALLY SUNSHINE』by SWAN DIVE


Swan Dive - Automatically Sunshine - YouTube

夏の爽やかさが心地よく表現された一曲。

バンドは初めて知りました。


『BIRD IN MY GARDEN』by DREAM DIARY

Bird In My Garden

Bird In My Garden

  • Dream Diary
  • オルタナティブ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 2011年のブルックリン発のバンド、ドリームダイアリー。

フィラデルフィアからニューヨークへ移住したJacobと女性ギタリストのMadisonを中心に結成された 3ピース・バンド。 ネオ・アコースティック・サウンドに60'sソウルの味もあるバンド…らしい。

 

『PAREN EL MUNDO』by KETAMA

Paren el Mundo

Paren el Mundo

  • Ketama
  • ワールド
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

前曲UKインディーポップからのフラメンコ!このコントラストがSEIYUクオリティ。

がらっと曲調が変わってます。

スペインを代表するフラメンコ・グループKetama(ケタマ)


ANTENA by ISABELLE ANTENA

??アンテナってアーティスト名じゃないのか??それとも曲があるのでしょうか?

不明なので現地調査に行くしかないのでしょうか…。

 

『CLOSE TO YOU』by ANNA CARAM


Ana Caram Close To You - YouTube

カーペンターズの曲として有名な「Close To You」 (遙かなる影)

元は誰の曲かわからないくらいたくさん歌われています。

 

『SO NICE (SUMMER SAMBA)』by BEBEL GILBERTO 

ソー・ナイス

ソー・ナイス

  • ベベウ・ジルベルト
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

声がイイ!ジャズ(ボサノヴァ)映えする声でソーナイスです。 


『WE'LL BE THE SUMMER』by THE PEARLFISHERS

We'll Be the Summer

We'll Be the Summer

  • The Pearlfishers
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こういう曲を間に置くことで全体が締まりますね。 


『IT'S EASIER WITHOUT HER』by BRENT CASH 

It's Easier Without Her

It's Easier Without Her

  • Brent Cash
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

出だしのチェンバロが印象的な一曲

これ、どっかできいたなぁ〜… ドトールのBGMだったか?空耳アワーだったかな??


『LISBOA KUYA』by SARA TAVARES

リスボン・クヤ

リスボン・クヤ

  • サラ・タヴァレス
  • ワールド
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

普通のボサノヴァとは一味違った曲調です

ポルトガル出身の歌手、作曲家、ギタリスト、パーカッショニストのサラ・タヴァレスである。この独特な言葉はポルトガル語をベースにしたクレオール語だそうです。

 

『FALLING FORWARD』by JULIA FORDHAM

Falling Forward

Falling Forward

  • ジュリア・フォーダム
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

イギリス・ポーツマス生まれのシンガーソングライター、ジュリア・フォーダム

高音ながら芯のしっかりした歌声は一瞬、男声と聞き間違えました。

 

以上14曲。

 

キーワードの一つは「夏」で間違えなさそうですが、残りのキーワードは「明るい」とか「清涼」あたりでしょうか。

今回もほとんど知らないアーティストばかりだったので勉強になりまっす。

 

本日は以上です。

 

普段はモヤさまのBGMをレポートしています!

モヤさま カテゴリーの記事一覧 - もや学ブログ

 

第1弾もよろしくです

nanaironokakehashi.hateblo.jp