読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。週1回以上は更新します。

曲名「No Not Now」→邦題『今は納豆はいらない』〜残念すぎる邦題のついた洋楽10選〜

f:id:nanaironokakehashi:20160124153100j:plain

 

『見つめていたい』(ポリス、原題『Every Breath You Take』)や『遥かなる影』(カーペンターズ、原題『(They Long To Be) Close To You』)など邦題で馴染み深い有名な洋楽曲はたくさんありますが、

Every Breath You Take

Every Breath You Take

  • The Police
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

なかには原題を完全無視のものや、 歌詞の内容などを考慮しすぎて曲のイメージと完全に合わないもの、笑いを取りにはしってしまったものなど様々な「残念な邦題」が存在しています。

 

今回はそんな「残念な邦題」「面白い邦題」を独断で10曲くらいを。

 

まずは有名どころから、

エアロスミス『Walk This Way』 (1975年)

ギターのこのフレーズはあまりにも有名。人気テレビ番組「踊るさんま御殿」のテーマ曲としても有名なこの曲。

Walk This Way

Walk This Way

  • エアロスミス & Run-DMC
  • サウンドトラック
  • provided courtesy of iTunes

 これはもう原題でもおなじみですが

 

邦題:『お説教』

 

お説教って…。歌詞の内容が説教っぽいのかもしれませんが、このイメージとかけ離れたタイトル付けには謎が残ります。

 

Frank Zappa(フランク・ザッパ)「No Not Now」

No, Not Now

No, Not Now

  • フランク・ザッパ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 邦題:『今は納豆はいらない』

 

・・・・・・!!

 

「No Not Now」→「No 納豆 Now」→「今は納豆はいらない」

これは正直、意味わかった時に吹き出しました。

これは完全にフザケていますね。

 

そもそもフランク・ザッパ、納豆食わないでしょ。

 

他にもこのアーティストは謎の邦題が盛りだくさん

 

原題:『I Come From Nowhere』邦題:『ア、いかん、風呂むせて脳わやや』

原題:『The Illinois Enema Bandit』邦題:『イリノイの浣腸強盗』

 

何が何だか…。 

 

デヴィッド・ボウイ

先日、69歳でこの世を去った英国機代ののロック・ミュージシャンのデヴィッド・ボウイは「原題:ジギー・スターダスト(The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars)」

邦題:「屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」

直訳しすぎ感がハンパない!

 

Tom Jones(トム・ジョーンズ)「If I Only Knew」

よく使われるのは↓0:15〜のフレーズ

If I Only Knew

If I Only Knew

  • トム・ジョーンズ
  • ヴォーカル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 邦題:『恋はメキ・メキ』

0:18〜のフレーズの歌詞”make you, make you love”が「メキ・メキ」に聞こえるという空耳を邦題に採用した、ダサいけど曲は思い出しやすいなんとも微妙なタイトル付け。

『恋のマイアヒ』や『愛のプレリュード』(カーペンターズ、原題『We've Only Just Begun』)みたいに曲の内容からか原題にはない「愛」や「恋」の文字が入る邦題がよく見受けられる。

 

 

ディープ・パープル『Burn』

Burn

Burn

  • ディープ・パープル
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

思わず「タマホーム!」って言いそうになってしまいますが、

 

邦題『紫の炎』

 

ディープ・パープル『Burn』紫の炎

って、単純明快ですがディープ・パープル=「紫」をゴリ押ししている形跡が


Who do We think We are→邦題『紫の肖像』
Purpendicular→邦題『紫の証』
Purplexed→邦題『紫の聖典』
Purple Chronicle→邦題『紫の匣』

 

 

 

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『Warped』

邦題:『レッチリの電撃ワープ』

Warped

Warped

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

邦題のせいで台無し感。

 

 

ザ・ビートルズ『HELP!』→邦題『4人はアイドル』

Help!

Help!

  • ビートルズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

そりゃそうだけど。

 

アンドリューW.K.『Make Sex』→ 邦題:『やらせろ!』

Make Sex

Make Sex

  • アンドリューW.K.
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

意味は同じなのに日本語と英語でこんなにも印象が違うなんて。

 

トイ・ドールズ『Nellie The Elephant』→邦題『ネリーさんだ象!』

Nellie the Elephant

Nellie the Elephant

  • Toy Dolls
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

モヤさまオープニング曲『Dig That Groove Baby』でも有名なトイ・ドールズ。

これも意味不明ですが、バンドと曲の雰囲気的にはアリなのかなと感じます。

 

他にもたくさんありますが今日はこの辺で(随時追加します)

 

本日は以上です。