読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。週1回以上は更新します。

弊社のオフィスビルの変わったエレベーター文化

暮らし

週の終盤木曜日、起きれば今日も満員電車に揺られて会社へ。

 

f:id:nanaironokakehashi:20160621234331p:plain

 

最近、よく電車が遅れます。

赤い電車

赤い電車

  • くるり
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲、お気に入り。 

 

会社のあるオフィスビルに到着。 

f:id:nanaironokakehashi:20160620220214j:plain

 

ビルについて毎日乗るのがエレベーター。

 

以前勤めていたところは中小企業が入居する10階ほどの大きさのオフィスビルでしたが、現在の仕事場所は大企業も複数入居する高層のオフィスビル。エレベーターに乗るだけで高低差ありすぎて耳キーンて(ちょっとだけ)なります。 

 

Elevator

Elevator

  • Cloudberry Jam
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

一応音楽ブログなので。

 

f:id:nanaironokakehashi:20160620220101p:plain

 

そんな某高層オフィスビルのエレベーター文化(エレベーター利用時の行動)がなんか変わっているので

 

音楽ネタでもないに関わらず共有したくて共有したくて震えました。 

 

●最初に乗ってもボタンのところに立たない

「まだ乗ろうとしている人がいるのに扉が閉まろうとする」

そのビルで働き始めてそんなシーンにしばしば遭遇。

 

エレベーターは最初に乗った人が操作盤の前に立つのが暗黙の了解だと思っていましたし、上座とかも調べたら細かくあるようですが

 

ここのオフィスビルでは上座、下座とかいうレベルではなく

「乗った人の大半がボタンのところに立たずに奥に行く」

という変わった習慣があるよう。

 

例えばこんな感じ

f:id:nanaironokakehashi:20160623000040p:plain

 

5番目に乗った自分は右のボタンのところでボタン係に就任。

ほぼ毎日繰り広げられるこの光景にいつもものすごい違和感を感じます。 

 

ちなみに本来、上座・下座はこんな感じらしい。

 

f:id:nanaironokakehashi:20160622000400p:plain

ここまで上座を気にしていなかった…

 

以前働いていたオフィスビルでは乗るたびに「何階ですか?」の声かけが結構頻繁にあったのに、今のオフィスビルではまずありません。これは操作盤が2つあるからかもしれませんが。

 

また、中には降りる人がまだいる中で乗り込む人も見かけます。

これにはさすがにヒキましたが…。

 

何が理由でここまでエレベーター文化が違うのかがとても興味深く、気になっています。

できることなら他のオフィスビルのエレベーター文化も調べて比較してみたいのですが

そうもいかないので前のビルの環境と比較して気づいた点で仮説を立ててみました。

 

誰かが「仮説は実証されて初めて真実になる」と言ってたな。

vs.2013 ~知覚と快楽の螺旋~

vs.2013 ~知覚と快楽の螺旋~

  • 福山雅治
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

・人数が多い

単純に以前のビルとは人の数がケタ違い。

同じ時間に出勤すれば名前は知らないけど見たことはある人と同じエレベーターになるということも無くなりました。

基本的に知らない人同士なのでそういう文化になるのかもしれませんが、なんかこれは腑に落ちません。

プレイ人数を選ぶドン

プレイ人数を選ぶドン

  • NAMCO SOUNDS
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・エレベーターが大きい

大小のエレベータがあり大きい方は20人程度乗ることができます。電車のように奥に詰めるように乗る人が多く、「誰かが操作するだろう」的な感じになっているのかもしれません。結局、気にした人だけがボタンの前に。

後から乗った方が先に降りることができるので乗る人の中にはわざとみんなが乗った後の最後に乗ろうとする人がいます。 確かに電車でもいるな…。

JAPANESE MANNER (from「2010」)

JAPANESE MANNER (from「2010」)

  • クラムボン
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・働く人の平均年齢が若い

ヨレヨレのスーツを着込んだ50代のおじさんみたいな人や、「俺は偉いんだぞ」オーラを出す人は少なく、Tシャツにジーパン姿の男性やオフィスカジュアルファッションのお手本のような女性たちがたくさん。一般的なイメージでも年功序列というよりは比較的、成果主義の色が強い会社の人が多く働くようなので部署にもよりますが年齢や上下関係の意識が希薄な為、自己中心的と言うと聞こえが悪いのですが、他人の目や動向を気にしないのかもしれません。

 

若者のすべて

若者のすべて

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

結局3つしか思いつきませんでしたが、この辺の研究者が居たら聞いてみたい。いないだろろうけど…

あなたのオフィスのエレベーター文化はいかがでしょうか?

 

本日は以上です。

 

 

普段はモヤさまのダジャレBGMレポートを書いています↓

nanaironokakehashi.hateblo.jp