読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。週1回以上は更新します。

SEIYUのBGMが度を越してオシャレな件についての調査報告〜BGMforSEIYU〜2016夏

BGM 店内BGM BGM for SEIYU

 今回もやります。庶民の味方、スーパーマーケットSEIYUのBGMレポ

f:id:nanaironokakehashi:20150225150949j:plain

 

スーパーのBGMといえばUSENの「J-popを謎のインストアレンジ」したものや「呼び込みくん」のクセになるサウンドなどが定番ですが

 

「SEIYUのBGMがオシャレすぎる」

というタレコミから始まったSEIYUのBGMレポート。

 

当時は流れてくるBGMを検索しながら店内に居座ること1時間以上。

その選曲を聴いて衝撃を受け、

チェーン店のスーパーの店内BGMはダサいインストという自分の中の常識が覆されました。

SEIYUのBGMはほとんどが歌の入った曲だということに加え、c

誰の曲か分からないけどクソかっこいい曲ばかりで一気に虜になりました。

 

現在はSEIYU公式サイトにリストが公開されていて、

「USENのSEIYU専門チャンネル」ピーター・バラカン率いるinterFMの選曲のプロによるガチの選曲の一周約1時間の「BGM for SEIYU」が楽しめます。

f:id:nanaironokakehashi:20150311192740j:plain

 

8/4に更新された今回もオシャレすぎる選曲

今回もやはり知らない曲ばかりマニアック15曲。

ここに書く基本情報は9割がウィキペディア。自分へのメモ代わりに適当にレポートします。

 

まずはこの曲から 

 THE BEAUTIFUL GIRLS『MUSIC』

オーストラリアのシドニー出身のルーツ・ミュージック・オルタナティブ・ロックバンドのザ・ビューティフル・ガールズ(The Beautiful Girls)

ちなみにメンバーは全員男性

ジャック・ジョンソンのツアー・サポートなどを経てブレイク。初期のメンバーは全員サーファーでもあった。

Music

Music

  • The Beautiful Girls
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

曲とプロフィールでわかる。このバンドメンバーは ザ・リア充。

 

THE STONE ROSES『SHE BANGS THE DRUMS』

1983年に結成され、マッドチェスター・ムーヴメントの中心的存在として活躍し、オアシスをはじめとするブリットポップや後の音楽シーンに多大なる影響を与えた、イギリスのロックバンドのザ・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)

She Bangs the Drums

She Bangs the Drums

  • The Stone Roses
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

リア充の次はオヤジ好みのロックの王道。


JAMES IHA『TO WHO KNOWS WHERE』

f:id:nanaironokakehashi:20160812210416j:plain

アメリカ・シカゴ出身のジェームス・イハ(日本名:井葉 吉伸(いは よしのぶ)は、ミュージシャンで元スマッシング・パンプキンズのギタリスト。
日系3世であるが、日本語はほとんど話せない。

To Who Knows Where

To Who Knows Where

  • ジェームス・イハ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ギタリストだけあってギターの音が主張してきている。

ジェームス・イハ、もちろん初耳。


WEEZER『ISLAND IN THE SUN』

Island in the Sun

Island in the Sun

  • ウィーザー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ウィーザーくらいは知ってます


JONI MITCHELL『HELP ME』

Help Me

Help Me

  • ジョニ・ミッチェル
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ジョニミッチェル、もう73歳か…

カナダのミュージシャン、画家。本名はロバータ・ジョーン・アンダーソン。1997年にロックの殿堂入り。1969年から2007年にかけて、グラミー賞を9回受賞している。

 

COLDPLAY『A SKY FULL OF STARS』

A Sky Full of Stars

A Sky Full of Stars

  • コールドプレイ
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

コールド・プレイのこの曲、なんかウイイレで流れてそう。

 

BEN HARPER AND THE INNOCENT CRIMINALS『STEAL MY KISSES』

Steal My Kisses

Steal My Kisses

  • Ben Harper & The Innocent Criminals
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ベン・ハーパーとかいかにも「夏」って感じです。

 

GO GO'S『OUR LIPS ARE SEALED』

Our Lips Are Sealed

Our Lips Are Sealed

  • ゴーゴーズ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

夏の海岸をドライブしている時に流したいこの曲 


HAYLEY SALES『WHAT YOU WANT』

What You Want

What You Want

  • Hayley Sales
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

女性版、ジャックジョンソンていう感じのヘイレイ・セールス

美人がアコギを弾いたらもう言うことありません 


RIDE『VAPOUR TRAIL』

1988年にイギリスのオックスフォードで結成されたロックバンドのライド 。1996年に解散したが、2014年におよそ18年振りとなる再結成。

Vapour Trail

Vapour Trail

  • ライド
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

フェスとかで聞きたいバンド。 

 

SUPERGRASS『MOVING』

Moving

Moving

  • スーパーグラス
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こちらもオックスフォード初のバンド、スーパーグラス

アコギのストロークと曲の展開が意表を突いてきます。

なかなかすきかも。

 

LEMONHEADS『IT'S A SHAME ABOUT RAY』

It's a Shame About Ray

It's a Shame About Ray

  • レモンヘッズ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

「レモンヘッズ」というとナイナイ岡村の「岡レモン」を想像してしまいましたが。

アメリカ合衆国ボストン出身のオルタナティヴ・ロックバンドのレモンヘッズ(The Lemonheads)

中心人物のイヴァン・ダンドは、ルックスの良さと甘い歌声で10代に絶大な人気を博しました。

 

DONAVON FRANKENTREITER feat. JACK JOHNSON『FREE』

フリー FEAT. ジャック・ジョンソン

フリー FEAT. ジャック・ジョンソン

  • ドノヴァン・フランケンレイター
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ジャックジョンソンぽいと思ったら、ジャックジョンソンでした

 


COLBIE CAILLAT『RUNNIN' AROUND』

Runnin' Around

Runnin' Around

  • コルビー・キャレイ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 こちらも女性版ジャックジョンソンらしい。

日本では20代アーティストでこういう曲はなかなか耳にしませんね…。

綺麗な歌声ですジャケットも美人、

 

THE VERVE『SONNET』

ザ・ヴァーヴの1997年発表の3枚目のアルバム『アーバン・ヒムス』は14週連続で全英チャートの1位を独占し、全世界で1000万枚を売り上げる大ヒットを記録した。

この曲『ソネット』はそのアルバムの2曲目

Sonnet

Sonnet

  • ザ・ヴァーヴ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 このアルバムは持っていないけど確かに高く伸びやかな歌声は惹きつけられるかも。

どうでもいいけど「ソネット」を変換すると「So-net」が出てくるんだ。

  

以上、

今回はポップ、ネオアコ、ロック、オルタナなど多彩の15曲を紹介。  

おそらくテーマは「夏」はまちがいないけど 「海」、「浜辺」あたりがキーワードか「ドライブ」もあるかな。

 

相変わらずマニアックかつオシャレすぎる選曲に満足、満足。

いまから次回の選曲も楽しみです。お盆休みはSEIYUの店内BGM鑑賞へ。

 

本日は以上です。

 

 

 

前回のレポートはこちら↓ 

nanaironokakehashi.hateblo.jp