モヤ学ブログ

SEIYUの店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。コメントとかシェアしてもらえるとありがたいです。ネタも募集中。

SEIYUのBGMが度を越してオシャレな件についての調査報告(2018年1月)

 庶民の味方、スーパーマーケットSEIYUのBGMレポを今回も

f:id:nanaironokakehashi:20150225150949j:plain

 

スーパーのBGMといえばUSENの「J-popのダサインストアレンジ」などが定番ですが

 「SEIYUのBGMがオシャレすぎる」

というタレコミからほぼ3年前に始まったSEIYUのBGMレポート。

 

当時は流れてくるBGMを検索しながら店内に居座ること1時間以上。

その選曲を聴いて衝撃を受け、

チェーン店のスーパーの店内BGMはダサいインストという自分の中の常識が覆されました。

SEIYUのBGMはほとんどが歌の入った曲だということに加え、

誰の曲か分からないけどクソかっこいい曲ばかりで一気に虜になりました。

 

現在はSEIYU公式サイトにリストが公開されていて、

「USENのSEIYU専門チャンネル」ピーター・バラカン率いるinterFMの選曲のプロによるガチ選曲一周約1時間の「BGM for SEIYU」が楽しめます。

f:id:nanaironokakehashi:20150311192740j:plain

 

2018年は1/15更新された今回のリストもオシャレすぎる選曲

今回もやはり知らない曲ばかりマニアックな曲を雑に紹介します。

 

THE MOCK TURTLES『CAN YOU DIG IT ?』

Can You Dig It?

Can You Dig It?

  • The Mock Turtles
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

単調なリズムもクセになる。

80年代後半にデビューし、1993年に活動停止したUK発のサイケデリックポップバンドのザ・モックタートルズ。28年前の曲を真面目に店内BGMできるのは洋楽ならでは。

ちなみにこの年の邦楽年間ランキングは

1位『おどるポンポコリン』 B.B.クィーンズ 
2位 『浪漫飛行』 米米CLUB 
3位 『今すぐKiss Me』 LINDBERG 

…なつかしい

 

tahiti 80『I.S.A.A.C.』

I.S.A.A.C

I.S.A.A.C

  • Tahiti 80
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ふわふわした感じがなんかおしゃれ。

フランスのポップ・ミュージックバンドのタヒチ80(タヒチ・エイティ)の1999年の曲


LISA LOEB & NINE STORIES『STAY』

Stay (I Missed You)

Stay (I Missed You)

  • リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

テキサス州ダラス出身のシンガーソングライターのリサ・ローブ

この曲は1994年公開の映画『リアリティ・バイツ』のサウンドトラック収録された事がきっかけにして同曲が大ヒット、当時レコード会社に所属せずインディーズであったにもかかわらず、ビルボードシングルチャートで1位を記録するという史上初の快挙を成し遂げる。

確かにシンプルだけどかっこいい曲。

インディーズでチャート1位って、日本でいうと高橋ジョージ的な売れ方なのでしょうか。


DEATH CAB FOR CUTIE『SOUL MEETS BODY』

Soul Meets Body

Soul Meets Body

  • デス・キャブ・フォー・キューティー
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

かっけえ。

叙情的なメロディと切なく儚げな歌声とアグレッシブなギターサウンドが特徴のアメリカ出身の4ピースロック・バンドである。デス・キャブ・フォー・キューティー (Death Cab for Cutie) 


CARA DILLON『THE LONESOME SCENES OF WINTER』

The Lonesome Scenes of Winter

The Lonesome Scenes of Winter

  • Cara Dillon
  • フォーク
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

聴きやすい。

アイルランドの女性シンガー・カーラ・ディロン
透き通るような歌声とアコースティックサウンドが北欧スタイル。

 


EAGLE-EYE CHERRY『SAVE TONIGHT』

Save Tonight

Save Tonight

  • イーグル・アイ・チェリー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

前の曲からこの曲調の変わりっぷりがSEIYUっぽい。

スウェーデン・ストックホルム出身のシンガー イーグル・アイ・チェリー。初めて聴きました。

 
MAGGIE REILLY『FOLLOW THE MIDNIGHT SUN』

Follow the Midnight Sun

Follow the Midnight Sun

  • Maggie Reilly
  • プログレロック / アートロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

最近こういうギターサウンド耳にしないな…。

スコットランドのグラスゴー出身のミュージシャンのマギー・ライリーは、今年で62歳。


LONGVIEW『CAN'T EXPLAIN』

Can't Explain

Can't Explain

  • Longview
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

SEIYUのBGMには選曲のテーマが設定されているのですが、今回はまったくわかりません。この曲のピアノの使い方、好きです。 

 


CHARLIE HUNTER feat. NORAH JONES『MORE THAN THIS』

More Than This (Feat. Norah Jones) [feat. Norah Jones]

More Than This (Feat. Norah Jones) [feat. Norah Jones]

  • チャーリー・ハンター
  • ジャズ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

「ジャジー」 、結局ノラ・ジョーンズって名前しか知らなかったり。

よく居酒屋やカフェで流れているゴリゴリのJazzよりも、こういうポップな方が個人的に好き。

 


LUCY ROSE『BIKES』

Bikes

Bikes

  • Lucy Rose
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

イギリス・ウォリックシャー出身の女性シンガーソングライターのルーシー・ローズ
これは結構最近の2012年の曲でした。


THE SHINS『PHANTOM LIMB』

Phantom Limb

Phantom Limb

  • ザ・シンズ
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 あぁ、こういうのSEIYUのBGMっぽいです。


KODALINE『HIGH HOPES』 

High Hopes

High Hopes

  • Kodaline
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

コーダラインは、2012年にデビューし、2013年に発表した『In a Perfect World』がアイルランドのアルバムチャートにて初登場1位を記録した。人気オルタナティヴ・ロックバンドである。

日本だとなぜか大御所バンドレベルにならないとこういう曲が売れません。


MARISA MONTE『PALE BLUE EYES』

伝統的なサンバやブラジル北東部民謡の楽曲やロックなどジャンルを融合したような曲が特徴的な曲。

マリーザ・モンチはブラジルのリオデジャネイロ出身の50歳

ここで唯一(?)南米のアーティスト。

 

以上、

今回も多彩の13曲を紹介。相変わらずマニアックかつオシャレすぎる選曲に大満足

この記事を書き終わった時点でアーティスト名を半分くらい忘れてますが

次回の選曲もどんな曲がくるのか楽しみです。

 

2018年も店内BGM鑑賞にSEIYUへ

本日は以上です。

 

 

 

前回のレポートはこちら↓