モヤ学ブログ

店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。ブログタイトルは「モヤさまに学ぶBGMの選曲センス」から。コメントとかSNSでシェアしてもらえると中の人のモチベーションが向上します。

曲名「No Not Now」の日本語訳が『今は納豆はいらない』〜邦題が残念すぎる洋楽たち〜

f:id:nanaironokakehashi:20210110061500j:plain

 

過去日本でヒットした洋楽には

『見つめていたい』(ポリス、原題『Every Breath You Take』)や

『遥かなる影』(カーペンターズ、原題『(They Long To Be) Close To You』)

など、日本語タイトル(邦題)で馴染み深い有名な洋楽曲はたくさん存在します。

Every Breath You Take

Every Breath You Take

  • ポリス
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
遙かなる影

遙かなる影

  • カーペンターズ
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

うん名曲。

 

しかし、そんな名曲邦題だけではなく、なかには原題を完全無視のものや、

歌詞の内容などを考慮しすぎて曲のイメージと完全に合わないもの、

ついには笑いを取りに走ってしまった?ものなど様々な「残念すぎる邦題」があるのがたびたび話題に上がります。

 

今回はそんな「残念な邦題」や「面白い邦題」を独断と偏見で10曲くらいをピックアップしてみたら今の時代でやったら炎上しそうなタイトルばかりでした。

 

まずは有名どころから、

エアロスミス『Walk This Way』 (1975年)

ギターのこのフレーズはあまりにも有名。

人気テレビ番組「踊るさんま御殿」のテーマ曲としても有名なこの曲。

Walk This Way

Walk This Way

  • エアロスミス
  • ハードロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

これはもう原題でもおなじみですが

邦題:『お説教』

 

お説教って…「She told me to walk this way(彼女は俺にこういうふうに歩けと命じた)」という歌詞の内容が説教っぽいのかもしれませんが、このイメージとかけ離れたタイトル付けは謎。

 

Frank Zappa(フランク・ザッパ)「No Not Now」

No, Not Now

No, Not Now

  • フランク・ザッパ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 邦題:『今は納豆はいらない』 

・・・・・・!!

 

「No Not Now」→「No 納豆 Now」→「今は納豆はいらない」

これは正直、意味わかった時に吹き出しました。

これは完全にフザケていますね。

 

そもそもフランク・ザッパ、納豆食わないでしょ。

他にもこのアーティストは謎の邦題が盛りだくさん

 

原題:『I Come From Nowhere』邦題:『ア、いかん、風呂むせて脳わやや』

I Come from Nowhere

I Come from Nowhere

  • フランク・ザッパ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

原題:『The Illinois Enema Bandit』邦題:『イリノイの浣腸強盗』 

The Illinois Enema Bandit

The Illinois Enema Bandit

  • フランク・ザッパ
  • ロック
  • provided courtesy of iTunes

もう、何が何だか…。 

 

デヴィッド・ボウイ

先日、69歳でこの世を去った英国機代ののロック・ミュージシャンのデヴィッド・ボウイは「原題:ジギー・スターダスト(The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars)」

Ziggy Stardust (2012 Remastered Version)

Ziggy Stardust (2012 Remastered Version)

  • デヴィッド・ボウイ
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

邦題:「屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」

直訳しすぎ感がハンパない。

 

Tom Jones(トム・ジョーンズ)「If I Only Knew」

よく使われるのは↓0:15〜のフレーズ

If I Only Knew

If I Only Knew

  • トム・ジョーンズ
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

邦題:『恋はメキ・メキ』

0:18〜のフレーズの歌詞”make you, make you love”が「メキ・メキ」に聞こえるという空耳を邦題に採用した、ダサいけど曲は思い出しやすいなんとも微妙なタイトル付け。

『恋のマイアヒ』や『愛のプレリュード』(カーペンターズ、原題『We've Only Just Begun』)みたいに曲の内容からか原題にはない「愛」や「恋」の文字が入る邦題がよく見受けられる。

 

そういえばこの曲、かなり前にアド街ック天国の60秒で女の子を紹介するコーナー『街角コレクション』で使われてたな(今はパティ・オースティン『KISS』)

 

  

ディープ・パープル『Burn』

Burn

Burn

  • Deep Purple
  • ハードロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

思わず「タマホーム!」って言いそうになってしまいますが、

邦題『紫の炎』

 

ディープ・パープル『Burn』紫の炎

って、単純にディープ・パープル=「紫」をゴリ押ししている形跡が


Who do We think We are→邦題『紫の肖像』
Purpendicular→邦題『紫の証』
Purplexed→邦題『紫の聖典』
Purple Chronicle→邦題『紫の匣』

 

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『Warped』

邦題:『レッチリの電撃ワープ』

Warped

Warped

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

邦題のせいで台無し感。

 

 

ザ・ビートルズ『HELP!』→邦題『4人はアイドル』

ヘルプ!

ヘルプ!

  • ビートルズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

まあ、そりゃそうだけど。

 

アンドリューW.K.『Make Sex』→ 邦題:『やらせろ!』 

Make Sex

Make Sex

  • アンドリューW.K.
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

意味は同じなのに日本語と英語でこんなにも印象が違うなんて。

 

トイ・ドールズ『Nellie The Elephant』→邦題『ネリーさんだ象!』

Nellie the Elephant

Nellie the Elephant

  • Toy Dolls
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

モヤさまオープニング曲『Dig That Groove Baby』でも有名なトイ・ドールズ。

Dig That Groove Baby

Dig That Groove Baby

  • Toy Dolls
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

これも意味不明ですが、バンドと曲の雰囲気的にはアリなのか。

 

他にもたくさんあったけどキリがないので今日はこの辺で。

 

本日は以上です。