モヤ学ブログ

店内BGM、モヤさまBGMのセンスや何気なく聞き流す身の回りのBGMを中心に生活と音楽に切り込みます。ブログタイトルは「モヤさまに学ぶBGMの選曲センス」から。コメントとかSNSでシェアしてもらえると中の人のモチベーションが向上します。

ウイイレの新作はもはやBGMを聴く目的で購入している(ウイニングイレブン2021)

ウイイレシリーズとしては今作で25作目『ウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE』

を遅ればせながら最近購入。

eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE

今回のジャケ写4人は

バイエルン・ミュンヘンのアルフォンソ・デイヴィス、

バルセロナのメッシ、

ユベントスのクリスティアーノ・ロナウド、

マンチェスター・ユナイテッドのマーカス・ラッシュフォード。

 

チームで使いたい…。

 

 

ユーザーのゲームの内容の評価が厳しくとも、

「FIFAシリーズの方が面白い」と言われようとも

BGMの為にウイイレを購入。

 

そんなウイニングイレブンシリーズは

雰囲気を盛り上げるBGMに

オルタナ、

ロック、

EDM

など凝った楽曲を無名から超有名バンドの曲まで採用していて、

ロック好き、EDM好きにはもちろん洋楽を知らなくてもテンションの上がるオススメの楽曲がずらりでかっこいいので毎回必ずチェック。

ここ2、3年のウイイレは有名バンドというよりは新進気鋭のアーティストの曲が採用

 

そんなウイイレ2021のBGM、コツコツ調べたら20曲以上あったので、簡単なバンドプロフフィールと聴いた感想を雑に紹介。

 

1. Here Lies Man 『Clad In Silver』

Clad In Silver

Clad In Silver

  • Here Lies Man
  • ロック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

なんか70年代洋ロック風のギターリフだなと思って調べたら…

『ブラックサバス ミーツ アフロビート』 (ブラックサバスをアフロビートにしたら)というコンセプト。面白い、日本でやったら叩かれそうだけど。

 

ブラックサバスといえば個人的にはこの曲

Iron Man

Iron Man

  • Black Sabbath
  • メタル
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 あぁ、確かにリフの感じが 似てる…かも。

 

 

2. 『PES 2021 Soundtrack - Boss - Epp』

公式サントラの曲。なんて言ってるかわからないけどカッコイイ。

 

3. Benny Sings 『Not Enough』

NOT ENOUGH

NOT ENOUGH

  • Benny Sings
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 リズミカルな歌声と演奏が特徴的。

 

オランダ出身の43歳。本名はティム・ファン・ベルケスティ

ファースト・アルバム『Champagne People』を2003年にリリース。

オランダのエッセント・アワードの新人賞を翌年受賞し、スキマスイッチ、cero、安藤裕子、土岐麻子、Small Circle Of Friends等多くの日本人アーティストとコラボレイションを行っている。

 

4. White Denim - 'Shanalala'

Shanalala

Shanalala

  • ホワイト・デニム
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 こういうシンプルなロックもすき。

米テキサス最高のガレージロックン・バンドという触れ込みのWhite Denim (ホワイト・デニム)

 

5. Bibio 『Old Graffiti』

Old Graffiti

Old Graffiti

  • Bibio
  • エレクトロニック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 なんか、プレイ中はこれがよく流れているイメージ。

作詞作曲、歌、演奏をほぼ全て1人でこなすという、Bibio ことスティーヴン・ウィルキンソン

 

6. BANANAGUN 『Do Yeah』

Do Yeah

Do Yeah

  • Bananagun
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

オーストラリア、メルボルン発の今年デビューのサイケロックバンドのバナナガン

 カタカナで書くとバナナマンと間違えそう。

 

7. Bombay Bicycle Club 『Eat, Sleep, Wake (Nothing But You)』

Eat, Sleep, Wake (Nothing But You)

Eat, Sleep, Wake (Nothing But You)

  • Bombay Bicycle Club
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 今回の中では一番ウイイレのBGMっぽい曲かな(勝手なイメージ)

 

ボンベイ・バイシクル・クラブ (Bombay Bicycle Club)は、バンドでありながら、フォークやエレクトロニカ、ワールドミュージックといった様々なジャンルを融合させた音楽性を持つイギリスはロンドン出身の4人組インディー・ロックバンドである。2014年リリースの『So Long See You Tomorrow』で初の全英チャート1位を獲得し、2020年には5作目のアルバム『Everything Else Has Gone Wrong』をリリース。

 

 

 

8. Charlotte Adigéry - High Lights

High Lights

High Lights

  • Charlotte Adigéry
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 「アイム ノーバーディ〜 アイ、アイム ノーバーディ〜♪」がクセになる

WWWaterとしても知られるCharlotteAdigéryは、フランス生まれのベルギー人とカリブ人のコンビ。

 

9. Darkstar 『Wolf』

Wolf

Wolf

  • Darkstar
  • ダンス
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 YouTubeでまだチャンネル登録者数が少なかったり、再生回数が少なかったりすると見つけた感があって嬉しくなる。この曲は5万再生くらい。

 

イギリス発のエレクトロニック・ポップミュージックユニット、Darkstar (ダークスター) 

10. Little Dragon『Rush』

Rush

Rush

  • リトル・ドラゴン
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 これはいつもトップメニューで流れているイメージ。

1996年結成のスウェーデン ヨーテボリ出身のエレクトロバンド

 

 

11. Flamingods 『Olympia』

Olympia

Olympia

  • Flamingods
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ロンドンとバーレーン出身の4人組トロピカル・サイケデリック・ロックバンド

 トロピカルバンドって何だろ…。

 

12. Jaakko Eino Kalevi 『I Am Looking Forward』

I Am Looking Forward

I Am Looking Forward

  • Jaakko Eino Kalevi
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

作詞作曲、演奏、プロデュースまですべて自分で行うマルチな才能を持つ、フィンランド出身のシンガー・ソングライターにしてトラム(路面電車)の運転手という顔も持つヤーコ・エイノ・カレヴィ。

 アーティストプロフィールに「路面電車の運転手」というパワーワード。

 

13. The Japanese House 『You Seemed So Happy』

You Seemed so Happy

You Seemed so Happy

  • The Japanese House
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

The Japanese House(ザ・ジャパニーズ・ハウス)はイギリス、バッキンガムシャー出身のシンガソングライターであるアンバー・ベインによる音楽プロジェクト

 いやジャパン関係ない…。でもガットギターとヨーロッパっぽいコーラス付けはすき。

 

14. Jessie Ware『Mirage (Don’t Stop)』

Mirage (Don’t Stop)

Mirage (Don’t Stop)

  • Jessie Ware
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

南ロンドン出身の36歳。2012年8月にリリースしたアルバムはUKアルバム・チャートで最高位5位を記録。そしてその年のMercury Prizeにもノミネート。

どちらかというとSEIYUのBGM感。おしゃれですよSEIYUのBGMは。

 

15. Working Men's Club『Golden』

Golden

Golden

  • Working Men's Club
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

イギリス、ウェスト・ヨークシャー発の4人組ロックバンド。

最初聞いたときはFatboy Slimかなと思ったけど全然違った。

 

 

16. Joy Crookes 『Hurts』

Hurts

Hurts

  • Joy Crookes
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

イギリス、サウスロンドン拠点のシンガーソングライターの22歳、ジョイ・クロックス

 

17. Låpsley 『Womxn』

Womxn

Womxn

  • ラプスリー
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ビリー・アイリッシュにも影響を与えたという“ネクストレベルのアデル”こと

イギリス出身の実力派シンガーソングライターの23歳、 ラプスリー

今回はイギリス人ミュージシャンがかなり多い。

 

18. The Magic Gang 『Think』

Think

Think

  • The Magic Gang
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

イギリス、ニュー・フォレスト出身の4人組ギターポップ・バンド The Magic Gang (ザ・マジック・ギャング)

渋谷系感。ギターポップだからか。

19. O'Flynn 『Sunspear』

Sunspear

Sunspear

  • O’Flynn
  • ダンス
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

たまに民族音楽ぽいのもウイイレのBGM好きよね。

Four TetやJames Blake、Bonobo、Gilles Petersonらも惚れ込んだ若き天才O'Flynn

 

20. OTHERLiiNE 『Chimes』

Chimes

Chimes

  • OTHERLiiNE
  • ダンス
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

イギリス出身のプロデューサー、George FitzGeraldとDJのLil Silvaが2019年8月にスタートした新しいコラボレーションプロジェクトのアザーライン。

こういうリズムとシンセだけのインストもスキ。

 

21. PONGO 『Quem Manda No Mic』

Quem Manda no Mic

Quem Manda no Mic

  • Pongo
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ウイイレのBGMのアーティストは日本語のWikipediaが無いのは当たり前だけど、たまに英語のすら無い場合もある…。Pongoは無かった。

Pongoはラテン語で「オランウータン」だそう。 

 

22. The Big Moon 『Your Light』

Your Light

Your Light

  • The Big Moon
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ロンドン出身の女性4人組バンドのザ・ビッグ・ムーン

 

23. Sudan Archives 『Glorious』

Glorious

Glorious

  • Sudan Archives
  • R&B/ソウル
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

本名ブリトニーデニスパークス

カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点にする26歳のバイオリニスト兼歌手。

 

24.Ultraísta『Water in My Veins』

Water in My Veins

Water in My Veins

  • Ultraísta
  • オルタナティブ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

Ultraístaは2008年に結成されたイギリス出身のエクスペリメンタルロックバンド。

エクスペリメンタル・ロック(Experimental rock、またはAvant-rock[1])は、ロック・ミュージックのサブジャンルであり[2]、一般的な作曲と演奏のテクニック[3]の限界を押し広げたり、ジャンルの基本的な要素を元に実験を行ったりするものである[4]。アーティストは、即興演奏、アヴァンギャルドな影響、風変わりな楽器、難解で不透明な歌詞(または楽器演奏)、異質な構造とリズム、そして根本的にコマーシャリズムの拒絶など、そのジャンルの際立った特徴のいくつかを用いて解放と革新を目指している[5]。(Wikipediaより抜粋)

手拍子しづらいドラムサウンド、これがエクスペリメンタルロックってやつか。

 

25. Winston Surfshirt 『Smile』 

Smile

Smile

  • Winston Surfshirt
  • R&B/ソウル
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ストン・サーフシャツはオーストラリアのシドニーが拠点の6人組ヒップホップ・ファンク・ソウルバンド。

ところどころメロディーをなぞるようなトロンボーンの音色が良い味を出してます。

 

以上25曲。

前回、前々回よりもまた曲数が増えている。

 

正直1つも知っているアーティストはいなかった…。。

今回もバラエティに富んだ選曲。もう次回作(のBGM)が楽しみ。

 

本日は以上です。

過去のウイイレBGMレポートは下部リンク↓

 

 

nanaironokakehashi.hateblo.jp

 

nanaironokakehashi.hateblo.jp

  

nanaironokakehashi.hateblo.jp

 

nanaironokakehashi.hateblo.jp